PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

被災企業の現状~阿部印刷さん

1042009776_105a.jpg



少し前のことですが
被害の大きかった地域 気仙沼でなんとか復興しようと頑張る印刷屋 阿部印刷さんに
当団体のチラシをお願いしていたので引き取りに行ってきました。
あえて被災地の印刷屋さんに頼むことで、
少しでも被災地支援になればという思いでもあります。



阿部印刷さんの建物の地域は危険区域にするかどうか、という状態で

★市は直してもよい

★県は危ないからだめー

という場所なので補修もできない建て替えもできないという状況だそうで
仕事を再開したくてもできないととっても困ってらっしゃいました。
(6月14日の話しです)




1042009776_107a.jpg



そんな中でも地元復興のためにフリーペーパーを発行されています!




1042009776_139a.jpg



気仙沼のがんばる企業を紹介しています。
この日は代表一人で伺ったのですが
被災地 気仙沼のあまりの元気さに逆に勇気づけられて帰ってきたと言ってました。

そして阿部印刷のお母さんが被災者として痛切な訴えをされてました。
例えこれから仮設住宅に入居が決まっても素直に喜べないとおっしゃってました。
仮設は収納がない調味料などもないなど標準装備の物だけでは生活できないため
入居時に実費で20万はかかるそうです。

沿岸部の被害は甚大で
お父さんは流された。
お母さんは水産加工工場で働いていたけど
危険区域に指定するかどうか国がはっきりしないため雇い主側が建て替えもできず放置状態。
仕事もない。
どうやってお金を払っていくの?という状態。

しかも海の方々は現金商売のため現金を金庫に保管していたそう。
だけど震災の次の日に窃盗団がやってきて金庫を開けられた。
マスコミは言わないけど
何の保障もない何百万という損失。

被災者の中でも働き盛りの20代~30代くらいの若者は失業保険を貰っているから
みんなパチンコに入り浸り。
大きな企業が入り
大きな重機でじょじょに瓦礫を撤去し
10年後には見た目はキレイな町並みができるかもしれないけど
そこに住まう人々はどうなってるのか。
被災地の多くの方が危惧してらっしゃいます。

縁の下の設立目的はそこにあります。
雇用を支援したい!




1042010181_73a.jpg




皆様の支援金でプリントさせていただきました。
これも企業復興支援になります。
有難うございます!
大事に配布させていただきます。






当団体がボランティア活動を行うためには、
現地に入るための移動費用(燃料、高速代)や、
通信費用、物資を保管するための場所代などさまざまな費用がかかってきます。
『縁の下のチカラ持ち』の活動に賛同していただける、個人、法人の方々、
ぜひご寄付をよろしくお願いいたします。


郵便振込

【口座番号】18100-25597581
【加入者名】ドイタカユキ

他の金融機関からゆうちょ銀行へお振込する場合

【銀行名】ゆうちょ銀行
【店番】818
【店名】八一八 店(ハチイチハチ店)
【預金種目】普通
【口座番号】2559758
【受取人名】ドイタカユキ







代筆 博多っ子なおちゃん





| 活動日誌 | 15:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。